精神面が身体に及ぼす影響 前編

コラム

どうも、アオです。

いやー寒くなりましたね。みなさん風邪をひかないように体調面に十分気をつけましょう。

うがいは風邪対策に科学的根拠はないって言いますが、病は気から!

『うっひょ〜!喉のばい菌がうがいで吹っ飛んだぜー!』って気持ちになれるのでやらないよりは良いはずです。

 
はい、では今日の本題。

先程『病は気から』と言いましたがメンタル面が体調に左右することなんてザラです。

精神面と肉体面、本来であればまったくの別物ですが切っては切り離せない、本当に人間というのは不思議なものですね。

そしてこの精神面と肉体面の関係というのもオーガズムにすごーく関わってきます。

以前にも記事でこんなお話をしましたが、今回はさらに深くお話しようかと思います。

 
とは言ったものの、なにから書けば良いんだろうか。。。

自分の文才の無さに愕然としておりますが、まぁそこは適当第一主義のわたくしアオでございますので、テキトーに書いていきましょう。

 
ではでは精神面が肉体に及ぼすわかりやすーい影響の例をあげましょう。

まず当たり前のことですが人間がめちゃくちゃ興奮したらどうなりますか?

男性はアソコがギンギンに勃起するでしょうし、女性ならアソコから愛液が出てヌルヌルになります。

これが男女に置ける身体的に出るわかりやすい興奮ですね。

さてギンギンに勃起やら愛液でヌルヌルになる。これって身体のどの部分にも触れなくても起こることですよね?

つまりは肉体的刺激を受けずとも、精神面の興奮が身体に影響を及ぼしているという事になります。

 
男性なら主に視覚から得る情報、例えば女性の裸を見たりとか、見る事で興奮しやすいです。

うはっ!めっちゃエロい!ムクムクムク〜!みたいな。

 
では女性はどうかと言いますと、女性の場合視覚から得る情報で興奮することって、男性と比べてその比率は低くなります

もちろん例外も大いにありますが、僕の経験から言っても大筋間違ってはいないでしょう。

女性でもギンギンに勃起してるチンチン見たら興奮しちゃうわって方もいると思います。

これだけ見ると女性でも視覚から得る情報で興奮するやんけって話ですが、それは視覚から得たギンギンに勃起してるチンチンと言う情報ではなく、男性がギンギンに勃起している=この人すごく興奮してる=エッチな雰囲気という方程式があってこそなんです。

そう、つまり女性は視覚から得る情報で興奮するのではなく、その場のエッチな雰囲気に興奮しているということです。

 
男性向けのエロコンテンツはたくさんありますね。

AVも主に男性向けに作られていますし、エロ本やらなんやら男性の視覚情報を刺激するものが多いです。

逆に女性向けは少ないですね。女性向けAVも少ないです。

主な男性向けAVは見た目的にすごくエロいことというのも重視して制作されています。

潮吹きブシャーってしてたりするのは見事にそれ。見た目で分かりやすくエロを表現できますから。

そこらへんをまとめると、男性は見た目で分かりやすいエロというのに興奮するんだよっていう事をご理解いただけると思います。

 
中には女性でもAV見るよって方はいらっしゃると思います。

でもAVの楽しみ方で男性と決定的に違う部分があります。

女性はAVに自分を投影することで興奮するという点です。

これは僕調べになるのでソースとしては弱いですが、体験者さんに「AV見るときにどんなの見ますか?」という質問をすることをすることがよくあります。

その答えは『マッサージもの』や『レイプもの』や『調教(SM)もの』などがありましたが、大体みなさん「自分がこれをされたらどうなるかなー」ということを考えながら見るそうです。

ある意味で妄想だとも言えますが、見事に先程言った「AVに自分を投影することで興奮する」に当てはまります。

このことから女性は視覚情報で興奮するのではなく、その場の雰囲気や妄想などの精神的な部分を興奮を得ると言うことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 
とここまで男性と女性の興奮するポイントの違いみたいなものを書いて来ましたが、ちとまだまだ長くなりそうなので前後編に分けたいと思います!

後編はすぐに書くのでお楽しみに!

 
banner 

コラム