オーラルセックスのススメ part.2

コラム

どうも、アオです。

今日は以前書きました「オーラルセックスのススメ」の第二弾と言う形で色々と語っていきたいと思います。

前回からだいぶ期間が空いてますので、第一回読んだよ!って方も復習の意味を込めて、第一回の内容も含めてお話ししていきます!

だから第一回をわざわざ読まなくてOKです!ここで書いちゃうんで!

 

オーラルセックスとは?

オーラルセックスという言葉を聞いたことがない方もいらっしゃるかと思いますので、超基本的な内容からご説明いたします。

オーラルセックスは別名口腔性交(コウクウセイコウ)とも呼び、口や舌を使って相手の性器を刺激する行為のことを言います。

早い話がフェラやクンニのことで、オーラルセックスは主に前戯で行われる性行為です。

そして僕的には「オーラルセックスはSEXを盛り上げる要素として必要不可欠だ」と思っております。

色々なご意見あるかと思いますが、フェラやクンニが苦手だなーと感じている方が、今回の記事を読んで少しでも意識が変わってくれればと思います。
 

オーラルセックスの種類

オーラルセックスは主に
①フェラチオ
②クンニリングス
③キャンディ
④シックスナイン
の4種類に分けられるそうです。

①②④は良く耳にしますが、③のキャンディってなんぞや?と思ったので調べました。

口戯であるペッティングの一種(飴玉を食べるときのしぐさより)。陰嚢(金玉)を舌、唇にて、或いは口に含み舌や内頬にて刺激、愛撫する行為(金玉フェラ)。陰嚢(金玉)をすべて口に含んでの行為をダブルキャンディーとも。

Wikipedia「キャンディ」より引用

キャンディの招待は玉舐めでした。そんな名前があるなんて笑

 

オーラルセックスに関する統計

ここで気になってくるのが「じゃあみんなはどのぐらいの割合でしてるの?」と言う点だと思いますので、そこらへんを色々とネットで漁ってみました。

女性紙ananが読者1000人を対象に調査した結果だそうです。2009年と少し古いデータですがたぶん今もそんな大差はないでしょう。

このananの調査では大体8割強の方がエッチでフェラをするということになります。

僕も今までの経験的に大体同じぐらいの割合のイメージです。

実際このブログでお会いした方では、計算したところ約7割の方からフェラして頂けました。

「彼氏じゃないとしたくない」って方も絶対にいると思いますので、その日あったばかりの僕相手で約7割になりますから、8割強の方がエッチでフェラをすると言うのはある程度統計として信頼できるのではないでしょうか。

 
続いてはクンニの統計です。

好きと答えた方の割合は56%と、フェラが好きな割合より12%も多いです。

そしてこれはたぶん男性側でも同じような感じになります。(たぶんもっと顕著に差がつきそうですが…)

 
この2つの統計から、約2~3割の方はオーラルセックスに対してマイナスな感情を抱いていることがわかります。

その約2~3割の方の意識が少しでも良い方向に向かうように次章以降でオーラルセックスのすばらしさたるものを語っていきます笑

 

オーラルセックスに潜むリスク

素晴らしさを語るとか言っておきながらいきなりマイナスなことを説明し出すのが僕のスタイルです。

上げて落とすのではなく落として上げる!!!!

 
オーラルセックスを行うにあたり、やはり性器を直に舐めたり咥えたりするわけですから、その危険性というかリスクをまず知ることが大切です。

オーラルセックスにつきまとうリスクとはもちろん「性病」です。

クラミジア・淋病・エイズ(HIV)・梅毒などなど、その他性病はたくさんあります。

性病持ちの方にオーラルセックスを行うことで咽頭感染症にかかり、結果キスでも感染が広がってしまうなんてこともあります。

んー性病の知識は本当に大事なことなので、ここであーだこーだ書かずに近々別記事でしっかりとした内容で書きますね!

とにかくそういうリスクもあるんだよってことを必ず頭にいれておいてください!

 

性器は清潔な状態で!

先ほどの統計で約2~3割の女性がオーラルセックスに関して苦手だと思っていると言うことをご理解いただけたとおもいます。

ではその苦手と感じている方の理由はなんでしょうか?

それはずばり臭いや変な味などの「衛生的ではない」と言う部分が大半を占めているのではないでしょうか。

 
確かにフェラやクンニは尿をするための器官を舐めるわけですから、人間の身体の部位の中でもとりわけ不衛生な箇所です。

実際排尿直後やシャワーを浴びていない状態の性器というのは、男女問わず必ず臭いがしますし衛生的だとは言えません。

その状態でフェラを頼まれた結果トラウマになったって方も絶対にいます。(というかそういう方は何人もいらっしゃいました)

 
これだけは声を大にしていいます、シャワーを浴びていない状態・もしくは排尿直後は絶対にオーラルセックスを行わないでください。

臭い汚い苦いなどのマイナスなイメージした生みませんし、なにより先ほど言った感染症のリスクが格段に上がります。

フェラやクンニをしてもらうのならば、性器を衛生的な状態にしておくことはオーラルセックスをしてもらう側の義務だと思ってください。

もし衛生的ではない状態で求められた場合は必ずNOと言いましょう。その上で「シャワー浴びて来てくれたらいいよ♡」とか言えば男なんてほいほいシャワー浴びにいきますから。

 

苦手を克服するには?

苦手を克服するコツとしてご紹介するのは、主に女性が男性に行うフェラに関してのお話しです。

苦手な理由が「生理的に無理」てな感じの方は「うん、がんばろうぜ!」としか言いようがありませんが、「衛生的ではないから」と言う理由で苦手意識がある方の場合は対処が可能です。

まず先ほど書いた通り「絶対にシャワーを浴びてもらい清潔な状態にしてもらう」

もうこれは絶対条件。ホンマやで?

 
しかし舐め始めはそれでどうにかなるんですが、男性が盛り上がってくると我慢汁がちょろちょろ~と出てきます。

この我慢汁の味が苦手って方も多い!

そういう方は最終奥義「ゴムフェラ」をしましょう。

ゴムをしてフェラをするだけですが、意外に効果があります。

確かに男性側からしたら刺激と言う面ではどうしても落ちますが、でも前戯でフェラをすると言う行為自体に意味があります。(後でそこらへん詳しく書きます!)

ゴムのにおいや味が苦手って方はサガミオリジナルなどのポリウレタン製のコンドームを使うと良いでしょう

はじめはゴムフェラで頑張って、もしいけそうならゴムなしでフェラをしてみる、なんて段階を踏んでも全然ありだと思います。

フェラが苦手だよって方は、なぜ苦手なのかを考えてみれば案外解決策はあるもんです。

 

まとめ

ここまで僕がオーラルセックスを推すのかと言いますと、先ほど軽く触れましたが前戯でオーラルセックスをすると言う行為が大事だからです。

フェラ・クンニは単純に気持ちいいから!ってのももちろんありますけど、僕は「オーラルセックスをすることで一気にエッチな気分になる」と思っています。

僕的オーガズム論を読んで頂いた方はなんとなくわかってもらえると思いますが、「エッチな気分になる」と言うのは本当に大事なことなんです。

病は気からって言葉もあるぐらい、人間と言うのは精神面が身体に及ぼす影響は絶大であり、エッチな気分になっている時は身体の感度も物凄く上がります。

医学的根拠だーとかは知りません。あくまで僕の経験上の話になりますが、実際経験した裏付けがあるのもまた事実です。

 
オーラルセックスはなんの道具も必要ありません。身一つでできます。

それでいてエッチを盛り上げる効果は絶大なわけですから、苦手だなと感じている方はちょっと頑張ってみてください。

 
banner 

コラム