オーガズムには「開放」と「解放」が重要

コラム

どうも、やっぱり左の奥歯が痛いアオです。

歯医者絶対行きます。

 
今日はいつもと少し趣旨を変えたお話をしてみたいと思います。

記事のタイトルにあります『 開放 』と『 解放 』、この2つの言葉を絡めたお話をします。

と言うのも最近とある女の子からtwitterで悩み相談を受けておりまして、内容には触れませんが、色々お話している中でふと思ったことを記事にしようと思った次第であります。

 
この「開放」と「解放」、読み方はまったく同じでなんとなくな意味合いも似ているのですが微妙にニュアンスが変わってきます。

まずは『 開放 』からご説明。

開け放つと書きます。開いて放つ。

門や扉みたいなものを開いて出入りを自由にするイメージですね。

英語だと「open」にあたる言葉です。英語で考えたらわかりやすいかもしれません。

 
そして『 解放 』です。

こちらは解き放つと書きますね。

なにかしがらみや束縛から自由になるイメージ。

英語だと「release(リリース)」になります。

 
この二つの微妙なニュアンスの違い分かりましたかね?

うん、聡明な読者様にはご理解頂いたと思いますので次に進みます。

この2つの違いを理解した上で、もう一度記事タイトルを見てみましょう。

『 オーガズムには「開放」と「解放」が重要 』

ここで「なるほど!」と思ったあなた、素晴らしい。

多分僕が読者だったら分からないと思います、ぐへへ。

そんな僕のような方のために詳しく解説していきます。

 
それではオーガズムと言うか、「体験の時」に当てはめて考えてみることにしましょう。

まず最初に大事なのは「開放」です。

心を開放してリラックスしてください。

ここでどれだけ開放できているかによって、身体の感度上昇率に結構影響してきます。

 
そして体験が進んで、さぁ気持ち良くなろう!と言うタイミングになったら、次は心を解放することが大切です。

心を解き放ち、羞恥心を忘れ、淫乱な姿でただただ快楽に溺れ、快感だけを求めて色んな液を溢れ出しながら喘いでください。

普段絶対出さないような自分を解放すること、これが秘訣ですよ。

 
って感じが「開放」と「解放」のお話でした。

心を「開放」することで色んなことをすんなりと自分の中に入れやすい状態にし、「解放」することで自制心を取っ払い、普段とは違う「非日常」の世界を味わうことができます。

 
banner 

コラム